スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンプカーを見ると思い出します あんなことこんなこと




私は18歳で自動車免許を取り 20歳で自動二輪車の免許を取りました

自慢じゃないけど 自分が原因の事故はゼロ~です

ただ 後ろから追突されたり 横から突っ込まれたり 時には目の前の車が急にバックしてきてぶつけられたり

助手席に座っていて運転手(元夫)が前の車に追突したり 

バイクの後ろに乗っていて山道で転倒して20M程飛ばされたりしたことがあります

でもどれも軽症で たいしたケガをしたことはありません

だけど 今までの車人生で2度ほど 事故よりも怖い出来事に遭遇したことがあります



1度目は 18歳 免許を取ってすぐの頃です

夜遊びの帰り道 大きな国道を一人で走っていた時の出来事です

国道って夜中はトラックが多いですよね

音楽を大音量で聞いていたので気づくのが遅れたんですけど

ふと見ると 私の車の周りがダンプカーだらけでした

前後左右がダンプダンプダンプ  いや2車線だったので 左はいなかったな

ちょっと怖かったので 除けようとしたけど ダンプがピッタリと進路を塞いでいて

私の車はどうすることもできなかった

3台でピッタリと囲んでいるんですよ

わざとブオーブオーって黒い煙を吐いて意地悪もしていました

もうね かなり怖かったですよ  

何かをされるとは思わなかったけど 明らかに私が小娘だと分かっていてちょっかいだしてた

しばらく囲まれたまま走っていたけど ダンプとダンプの隙間を見つけて抜け出しました

あとはもう夢中でスピード出して振り切りました 

ダンプカーはスピードは出ませんから 振り切るのは簡単です



余談ですが 私は今でも高速道路で遠出をした帰り道などは

わざと大型トラックの後ろを走ります

もちろん近づきすぎない様にきちんと車間距離を開けますよ

トラックの後ろに付いていると スピードを出し過ぎることも無いし安全でちょうどいい

それに まず後ろから来る車に自分があおられることがありません

夜の暗い高速道路も安心です

雨が降っている時などは視界が悪いけど 大型トラックの後ろにいればより安全です




そして2度目は 子供が小学校低学年の頃です

その日 息子は熱を出して学校を休んでいました

でも私はどうしても仕事を休むことができなくて 高熱の息子を一人置いて仕事に出かけました

帰りは夜中の2時を回ってしまいました

息子の事が心配で早く家に帰りたくて 急いで車を走らせていた時のことです

私の前を1台の軽自動車がゆっくりと走っていました

40キロ制限の一般道を20~30キロで走っているのですよ

しばらく様子を見ていても一向にスピードを上げませんでした

私はイライラしてきて 抜こうかなどうしようかなと 少し迷っていました

そう 前を走る軽自動車にけっこうピッタリとくっついていたのです

それは軽自動車からみたら まさに煽られていると思ったでしょうね

すると軽自動車は よけいにスピードを落としてゆっくりと走り出しました

「もう追い抜いちゃおう」 私がそう思ってスピードを上げようとしたのと同時くらいに

軽自動車が目の前で 急にブレーキを踏んで止まりました

そして運転席から 怖~い顔をしたお兄さんが肩で風をきって降りて来ました

「ギャ~ わたしぶっ飛ばされるの?」

ビビりました~  

「さっきからなんか用か? あ?」 とすごんでくる怖そうなお兄さん

私は窓を開けて 

「ごめんなさい  今仕事帰りで 子供が熱を出して一人で留守番しているので

 急いで帰りたかったんです」 と謝りました

あの頃 携帯電話ありませんでしたからね  警察も呼べないし

ここで私はボコボコにされてしまうんだわと 生きて帰れるのかしら? と

やっぱりどんなことをしてでも仕事を休んで息子のそばにいるべきだったと

泣きそうになりました

すると 怖そうな顔をしたお兄さんがこう言いました

「そりゃあ大変だな 早く帰ってあげなきゃな でも乱暴な運転するなよ」

なんだ けっこういい人だった 

私の顔を見たら おばさんだったから 拍子抜けしたみたいでしたね

もし私が男だったら たぶんただでは済まなかったのかもしれない



その時の事を忘れずに安全運転を心掛けます

FullSizeRender (030)
古民家カフェでお茶してきました  うふっ




にほんブログ村








 


スポンサーサイト
プロフィール

林檎の麦茶

Author:林檎の麦茶
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

再婚して生活は一変・・・だから人生いろいろ

重症筋無力症と戦うライター

足るを知る

おさるの節約生活

ぴょんぴょん行こう 第二章
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。